beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バイエルンの主将ラームが引退表明「ふさわしいタイミング」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルフスブルク戦後に今季限りでの引退を表明したDFフィリップ・ラーム

 バイエルンの主将DFフィリップ・ラームが今季限りでの引退を決意した。英『ミラー』が伝えている。

 ラームはバイエルンで501試合に出場し、7日に行われたDFBポカールのボルフスブルク戦(1-0)でも勝利に貢献。33歳を迎えても衰える気配はなく、2018年6月30日まで契約を残していたが、ボルフスブルク戦後、「今季終了後にサッカーを辞めると正式に伝えたよ。今が辞めるのにふさわしいタイミングなんだと思う」と、契約切れを前に引退することを表明した。

 同紙によると、クラブは空席となっていたスポーツディレクター(SD)の役職をラームに与えたいと考え、交渉を行っていたが、本人はこれを拒否。「話し合いは行われたし、うまくいっていた。だけど最終的にSDの仕事を引き継ぐのには最適なタイミングじゃないと思ったんだ」と話し、今後は監査役としてのみバイエルンに関わると見られている。


●ブンデスリーガ2016-17特集

TOP