beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ撃破!ユベントスFWディバラ「これで優勝候補はいなくなった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝ち進み、この先の展望を口にしたパウロ・ディバラ

[4.19 欧州CL準々決勝第2戦 バルセロナ0-0ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は19日、準々決勝第2戦を行い、ユベントスは敵地でバルセロナと0-0で引き分けた。2戦合計3-0としたユベントスは準決勝進出を決めている。

 試合後、ユベントスのFWパウロ・ディバラは「準々決勝の抽選を観ていたとき、どのチームでも大丈夫だけど、バルセロナだけはいやだと皆で話していたんだ」と明かした。『メディアセット・プレミアム』で話した内容を『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 2試合を通じてバルセロナを完封しての欧州CL4強入り。ディバラは「バルセロナのような相手を完封するというのは簡単なことじゃない」と改めて言い、「パリSG戦も含め、今まで行なわれた試合のことを考えると、とにかく堅いプレーをしなければならないと思っていたんだ」と振り返った。

 準々決勝を終えて、欧州CLの4強はユベントス、レアル・マドリーアトレティコ・マドリーモナコに決まった。

 ユベントスのFWは「これで優勝候補はいなくなった。4つのチームに等しくチャンスがある。誰が優勝するか見てみようじゃないか」と先を見据えた。


●欧州CL16-17特集
●セリエA2016-17特集



TOP