beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

5点差勝利のミッションクリア!U-16日本代表が首位・ギニアに5-0勝利でミラクル逆転V!

このエントリーをはてなブックマークに追加

逆転優勝を喜ぶU-16日本代表イレブン

[6.18 インターナショナルドリームカップ第3戦 U-16日本代表 5-0 U-16ギニア代表 ユアスタ]

 まさにミラクルだった。6月18日、ユアテックスタジアム仙台にて行われた「U-16インターナショナルドリームカップ2017 JAPAN presented by 朝日新聞」の第3戦。第1試合の結果によって、優勝のためには「5-0」での勝利が必要だったU-16日本代表は、実現不能かと思われたこのミッションをコンプリート。ここまで2連勝だったアフリカの難敵・ギニアを5-0の大差で下し、2年ぶりの優勝を勝ち取ってみせた。

 森山佳郎監督が「決戦」と位置付けたこの試合、日本の先発オーダーは以下の通りだった。GKに鈴木彩艶(浦和ジュニアユース)、DFが右から半田陸(山形ユース)、西尾隆矢(C大阪U-18)、馬場晴也(東京Vユース)、橋本柊哉(市立船橋高)、MFが右から西堂久俊(市立船橋高)、山本理仁(東京Vユース)、岩本翔(G大阪ユース)、谷本駿介(C大阪U-18)、そして2トップには不動の二人、斉藤光毅(横浜FCユース)と栗原イブラヒムジュニア(三菱養和SCユース)が入った。

 立ち上がりから試合のペースは日本。山本と岩本の両ボランチを中心にボールを動かしながら、前線の凸凹コンビの個性を活かしながらギニアゴールへ迫る。15分には半田のスローインから斉藤が抜け出しての折り返しに、抜け目なくゴール前へと動き出していた岩本が決めて早くも先制点を奪い取った。

 その後も「ギニアの身体能力は凄かった」と半田が舌を巻いたように、局面でのプレーでは日本の選手が劣勢になることも少なくなかったが、チームとしての機能性では日本が上回り続けた。

 だが、追加点は奪えぬままにハーフタイムを迎える。優勝に必要なのはここからさらに4点。「普通にやって勝てるかどうかという相手。ましてや5点は……と思っていた」。森山監督もこう振り返るように、ハーフタイムの指示も「4点取りにいけ!」というものではなく、後半開始から相手が猛攻に出ることを予期してのもの。昨年、同じ大会で同じアフリカ勢のマリに前半1-0のリードを奪いながら後半の猛攻でひっくり返されたことを踏まえ、当時を知る西尾に話をさせるなど、引き締めを図った。

 案の定、後半立ち上がりはギニアの攻勢を受ける展開となったが、3分の決定機は馬場が体を張って防ぐと、逆に6分には裏へと抜け出した斉藤が倒されてPKのチャンスを得る。これを斉藤が冷静に決めてリードを2点に広げた。

 この判定にギニアがイライラをあらわにして集中を乱していったことも日本に幸いした。12分にはラフプレーで2度目の警告を受けたギニアDFアブバカル・カマラが退場。完全に試合のペースは日本に傾いていく。

 その後の攻勢は谷本のFKがポストを叩き、交代出場のMF小田裕太郎(神戸U-18)の決定的なシュートが枠から外れるなどなかなか実らなかったが、後半30分に3度目のゴールが生まれる。交代出場のMF西川潤(桐光学園高)がGKからのロングボールを斉藤が競った流れから相手DFと入れ替わって裏を取ると、得意のドリブルで切れ込む。ここから決して得意ではない右足のシュートをしっかりと沈めた。

 ここに至って日本ベンチからも「あと2点!」の声が出る中で、ラスト10分の攻勢が始まる。40分には斉藤のドリブルシュートが決まって4点目が生まれたところでギニアの心はすっかり折れていたが、日本の決定機もなかなか決まらない。そしてこのまま終了かと思われたアディショナルタイムの7分目だった。小田のスルーパスを受けた斉藤が抜け出し、GKをかわして丁寧な左足シュート。背番号10のハットトリック完成を意味する一撃は、首位オランダとの得失点差をひっくり返す日本の優勝ゴールともなった。

(取材・文 川端暁彦)



TOP