beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]神戸U-18が後半AT弾で首位キープ、C大阪U-18はU-17日本代表FW山田が決勝点:第9節1日目

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高校年代最高峰リーグ『高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグWEST』は15日、第9節1日目を行った。

 6勝1敗で首位のヴィッセル神戸U-18(兵庫)は阪南大高(大阪)と対戦。後半に追いつかれたが、アディショナルタイム4分にMF佐藤昴が決勝点を決め、2-1で競り勝った。

 勝ち点2差で2位のセレッソ大阪U-18(大阪)は東福岡高(東福岡)を3-2で下した。一時は逆転を許したC大阪U-18だったが、後半開始早々にMF有水亮のゴールで追いつくと、後半20分にU-17日本代表FW山田寛人が決勝点を決めた。

 大津高(熊本)とアビスパ福岡U-18(福岡)の一戦は両者譲らず、2-2で引き分けに終わり、勝ち点1を分け合った。

 以下、第9節結果と日程

【第9節】
(7月15日)
[大津町運動公園競技場]
大津高 2-2 アビスパ福岡U-18
[大]吉村仁志(27分)、大竹悠聖(53分)
[福]平田怜(22分)、佐藤光(76分)

[セレッソ大阪舞洲グラウンド]
セレッソ大阪U-18 3-2 東福岡高
[C]齋藤遼(8分)、有水亮(46分)、山田寛人(65分)
[東]福田湧矢(23分)、田村和玖人(38分)

[いぶきの森球技場]
ヴィッセル神戸U-18 2-1 阪南大高
[神]佐々木大樹(41分)、佐藤昴(90分+4)
[阪]中村成龍(75分)

(7月16日)
[コカコーラウエストパーク球技場]
米子北高 15:00 ガンバ大阪ユース

[みきぼうパークひょうご第2球技場]
神戸弘陵高 15:00 サンフレッチェ広島ユース

※日程は3月発表、変更あり

●2017プレミアリーグWEST



TOP