beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手_東福岡MF荒木遼太郎「これからがスタート」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会優秀選手に選出されたMF荒木遼太郎(東福岡高)

 九州地域のU-16の年代において長期に渡るリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2017 球蹴男児U-16リーグ」は8日の最終節後、閉会式で大会優秀選手5選手を発表した。

 東福岡高のU-15日本代表MF荒木遼太郎は代表チームの活動などもあって「2017 球蹴男児U-16リーグ」出場は5試合にとどまったが、それでも7得点を叩き出して4度のマン・オブ・ザ・マッチに選出。ハイレベルなプレーを見せて大会優秀選手に選出された。

以下、荒木コメント
―代表選手として違いを見せられた大会だったのでは?
「大会は5試合という少ない出場だったんですけれども、得点も決めることができて、自分としてもいいプレーというか、自分の持ち味のプレーも出せた大会と思います」
―どのようなところが評価されたと思う?
「自分は決定力。トップ下のポジションでなんですけれども、自分でサイドに展開して、そこからクロスに合わせたり、ボールを貰ってターンしてそこからドリブルしてシュートを打って得点したことが評価されたと思います」
―観衆を沸かせるようなプレーをしていた。
「自分は代表に入っているんですけれども、違いを出すということを意識はできませんでした。でも、最高のパフォーマンスをしようと思って、(結果的に)そこが違いになったのかもしれませんし、自分の一番いいパフォーマンスができたのでそこは良かったかなと思います」
―自分の特長はどこだと思っている?
「自分が相手のいない良いポジションに入って、そこからサイドに振ったり、ターンしたり、積極的に前に仕掛けていって、相手が来たらいいところにパスを出して……と、どんどんゴールへ仕掛けて、味方にアシストしたり、ゴールしたりするところだと思います」
―チーム、代表で次の戦いがあるが、どのような目標を持っている?
「自分は選手権メンバーに入るために、まだ時間あると思うので練習でしっかりと監督にアピールして、代表もまた来年に最終予選があるので、そこに選ばれるように。これからがスタートだと思うのでコンディションを上げていきたい」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2017 球蹴男児U-16リーグ特集ページ



TOP