beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関西]台風の影響で4試合が延期、首位・びわこ大と阪南大はそれぞれ連敗ストップ:後期第6節

このエントリーをはてなブックマークに追加

忽那のゴールでびわこ大が勝ち越し、連敗を止め首位キープ

第95回関西学生サッカーリーグ1部


 第95回関西学生サッカーリーグ1部の後期第6節が21、24日に行われた。本来は22日にも4試合が開催される予定だったが、台風の影響により延期となっている。代替日は決定次第、発表される見込み。今節では首位・びわこ成蹊スポーツ大と3位の阪南大がそれぞれ連敗を止めている。

 3戦ぶりの白星獲得となった。2連敗中のびわこ大は、3戦無敗(2勝1分)の桃山学院大と対戦。前半15分にMF忽那喬司(2年=愛媛ユース)の浮き球パスからFW井上直輝(2年=立正大淞南高)のゴールで先制。同31分に追いつかれたが、後半27分に惣那がドリブル突破から自ら決めたシュートが決勝点。2-1の勝利で首位を守った。

 24日に行われた一戦では阪南大京都産業大に2-1の逆転勝利。3連敗で2位から3位へ後退していたが、4試合ぶりの勝ち点3を上乗せすると暫定ながら2位へ戻った。消化試合数が1試合少ない3位・関西大とは勝ち点1差、4位の関西学院大とは同3差となっている。

 前半4分に京産大のFW久保吏久斗(3年=C大阪U-18)にゴールを許し、1点を追う展開になる。それでも前半12分にDF長谷川隼(2年=川﨑F U-18)のゴールで追いつくと、後半20分には途中出場したFW草野侑己(3年=JFAアカデミー福島)のパスからFW山口一真(4年=山梨学院大高/鹿島内定)が決めて逆転に成功。これが決勝点となり、2-1で勝ち点3を上乗せた。

 山口兄弟が不在のなか、3戦1得点で3連敗中の阪南大だったが、エースが負傷からの復帰戦で仕事を果たして待望の勝利。シュート数でも21本と相手の5本を大きく圧倒してみせた。

結果は以下のとおり

【後期第6節】(10月21日)
[布引運動公園陸上競技場]
びわこ成蹊スポーツ大 2-1 桃山学院大
[び]井上直輝(15分=補・惣那喬司)、惣那喬司(72分)
[桃]毎熊晟矢(31分=補・山添健太)

(10月22日)
[高槻市立萩谷総合公園サッカー場]
関西大 延期 姫路獨協大
関西学院大 延期 大阪経済大

[南丹市園部陸上競技場]
立命館大 延期 近畿大
大阪体育大 延期 大阪学院大

(10月24日)
[ヤンマーフィールド長居]
阪南大 2-1 京都産業大
[阪]長谷川隼(12分)、山口一真(65分=補・草野侑己)
[京]久保吏久斗(4分=補・守安陸)


●第95回関西学生リーグ特集

TOP