beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ワクワクしている」元代表DFの波戸康広氏が将棋“日本代表”に

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表時代の波戸康広

 横浜F・マリノスのアンバサダーを務める元日本代表DFの波戸康広氏が、今月28、29日に北九州国際会議場で行われる『第7回国際将棋トーナメント』の代表選手に選ばれた。日本将棋連盟の公式サイトが伝えている。

 同日に開催される『第7回国際将棋フォーラムin北九州』のメインプログラムである『第7回国際将棋トーナメント』には、過去最高42か国(地域)から48名の選手が参加。波戸氏は将棋親善大使として、ゲストで日本を代表することになったようだ。

 将棋好きとして知られる波戸氏は2011年の現役引退後、2012年12月に日本将棋連盟から初段の免状が授与され、2015年7月には二段の免状も授与。今回の発表について、自身の公式ツイッター(@HatoOfficial)で「サッカーで日本代表を経験させて頂きましたが将棋でも日本代表として戦える事にワクワクしております」と語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

TOP