beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安が「また右足」で今季2点目!フローニンゲン3発快勝、今季敵地戦初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF堂安律が先制点を決めて勝利に大きく貢献した

[12.2 エールディビジ第14節 ADOデンハーグ0-3フローニンゲン]

 エールディビジは2日に第14節を行い、MF堂安律の所属するフローニンゲンは敵地でADOデンハーグに3-0で快勝した。フローニンゲンの勝利は2試合ぶり。リーグの敵地戦では今季初勝利となった。堂安は後半25分まで出場。前半アディショナルタイムに、リーグ戦では7試合ぶりとなる今季2ゴール目を決めた。

 スコアレスで折り返すかと思われた前半アディショナルタイム1分、浮き球に反応した堂安は、競り合ったDFと入れ替わるようにしてゴール前に抜ける。すぐにそのDFに詰められるが、倒れ込むようにして右足で流し込み、スコアを動かした。

 フローニンゲンは堂安が交代した5分後の後半30分にFWウサマ・イドリッシのゴールで加点。終了間際の同44分にはFWジュニーニョ・バクーナがダメ押しとなる3点目を奪った。

 堂安は試合後、インスタグラムを更新。「内容こそあまり良くなかったけど勝ててよかった」と試合を振り返ると、「あ、そしてまた右足」と9月30日のズウォレ戦同様、利き足とは逆の右足で奪ったゴールに驚きを持って喜んだ。

●海外組ガイド

TOP