beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国OGが決勝点で辛勝…2連敗の北朝鮮は優勝消滅

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国が北朝鮮に競り勝った

 EAFF E-1選手権は12日、第2戦を味の素スタジアムで行い、第1試合は北朝鮮と韓国が対戦した。後半19分のオウンゴールが決勝点となり、韓国が1-0で競り勝った。

 中2日の過密日程も北朝鮮は選手を入れ替えず、9日の日本戦(0-1)と同じ11人が先発。対する韓国は中国戦(2-2)から6人を変更し、4-2-3-1から3-4-3にシステムを変更。2試合連続の先発となったFC東京DFチャン・ヒョンスは3バックの中央に入った。

 スコアレスで折り返した後半19分、韓国がオウンゴールで先制に成功する。左後方からDFキム・ミヌがクロスを入れると、北朝鮮DFリ・ヨンチョルがクリアを試みたボールがゴールネットに吸い込まれた。

 これが決勝点となり、韓国が1-0で辛勝。2試合を終え、韓国は1勝1分。一方、2連敗を喫した北朝鮮の大会優勝は消滅した。

●EAFF E-1選手権2017特集ページ

TOP