beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鹿島、MF杉本太郎とMF平戸太貴の“武者修行”続行を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

杉本太郎は来季も徳島でプレー

 鹿島アントラーズは26日、MF平戸太貴とMF杉本太郎の期限付き移籍期間延長を発表した。期間はともに2018年2月1日から2019年1月31日まで。

 FC町田ゼルビアへ育成型期限付き移籍している平戸は、今季J2リーグで26試合3得点を記録。クラブを通じ、「2017シーズンはFC町田ゼルビアでプレーしましたが、町田まで応援に来てくださる方もいらっしゃいました。本当にありがとうございました。熟慮した結果、鹿島アントラーズにふさわしく、必要とされる選手になるために、2018シーズンも町田でお世話になることを決断しました」と期間延長の理由を説明した。

 また、徳島ヴォルティスでJ2リーグ41試合に出場し、6得点をマークした杉本は「来シーズンも徳島ヴォルティスでプレーすることになりました。自分自身がより成長出来るよう、また1シーズン全力で取り組んできます。引き続き応援よろしくお願いします」と更なる成長を誓った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

TOP