beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

『タイガー』から『青黒』へ…G大阪内定・前橋育英DF松田陸「インパクトを残せれば」と“つかみ”に意欲

このエントリーをはてなブックマークに追加

センターバックで無失点勝利に貢献した前橋育英高DF松田陸(3年、G大阪内定)

[1.8 全国高校選手権決勝 流通経済大柏高 0-1 前橋育英高 埼玉]

 決勝唯一の“J1内定者”という注目にふさわしい活躍を見せた。ガンバ大阪加入が決まっている前橋育英高DF松田陸(3年)は、セットプレーの決定機こそ決め切れなかったが、安定感のあるプレーで優勝に貢献。試合後には、遠く関西で迎えるプロ生活のスタートを前に、新たな“決意”を口にしていた。

 後半アディショナルタイムに劇的なゴールが決まり、約2分後に迎えたタイムアップのホイッスル。白いユニフォームに身を包んでいた“上州のタイガー軍団”に歓喜の瞬間が訪れるなか、背番号5はベンチから一直線に走ってきた「中学校から同じチーム」という控えGK松本瞬(3年)と抱き合って喜んだ。「最後、優勝で終われてうれしいです」――。

 そんな喜びを増幅させたのは、青森山田高に0-5で大敗を喫した前回大会決勝の記憶だった。「悔しさを晴らすために頑張ってきたのでうれしいです。最初は引きずっていましたけど、出ている選手が多くいたので同じ思いをしていた。そこで優勝しようと目標を立て、切り替えることができた」。共通体験がチームを一つにし、1年後の歓喜を呼び込んだ。

 個人としては、攻守にさすがのプレーを見せた。守備では「ロングボールが多いといことが分かっていたので、ファーストボールに絶対負けない」と1対1で勝ち続け、攻撃では「相手サイドバックが高い位置を取るので、空いたスペースを狙う」というロングフィードが脅威に。セットプレーからのヘッドは「決めたかった」と不発に終わったが、「あれだけ攻めていたので、負ける気はしなかった。最後に入るかなと思っていた」という劇的勝利を導いた。

 来季は名門クラブのG大阪で新生活を迎える。ポジションは今季の主戦場とは異なり「右サイドバックをやると思う」といい、「攻撃参加をたくさんして、アップダウンの運動量や1対1の強さを見せたい」とアピールに意欲。「監督も代わるので、いち早くトップチームに絡んで、見てもらえるようにしたい」と決意を述べた。

 また、そんな意気込みは“オフザピッチ”にも及んでいる。「関西のほうなので、怖さはちょっとありますね」と見知らぬ土地に苦笑いも浮かべつつも、新体制発表会で“つかみ”の笑いを取りに行くかと報道陣に問われ、「そこでインパクトを残せればいいかなと思います」とはにかむ場面も。「プレッシャーには強いほうですね」という強心臓で臨む構えだ。

 すでにG大阪のサポーターからは「SNSでメッセージが来たりして、もっと頑張らなきゃなと思います」と期待を寄せられ、この日は客席に“青黒”グッズを身につけた人の姿も。「スタンドから写真を撮って下さいと言われてうれしかった」と、“プロ内定者”としての注目を素直に喜んでいるようだ。

 また、同じくG大阪に入団が決まっている東福岡高のFW福田湧矢(3年)についても言及。「知ってはいるけど、まだ会ったことはない」という関係性ではあるが、「向こうが選手権に負けてから『優勝してくれ』ってメッセージが来た」と共にプロ生活のスタートを切る同僚の想いも背負って戦っていたという。

 将来的な目標としては“日の丸”を掲げるが、G大阪には20歳で日本代表に選出されたDF初瀬亮が在籍。「トップチームでレギュラーを取って、そこで出ていたら代表という可能性も出てくる」と意欲は尽きない。世代屈指のディフェンスリーダーは来季、“タイガー柄”から“青黒”に衣を替えて、自らの進むべき道を切り拓く。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 竹内達也)
●【特設】高校選手権2017

TOP