beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏、ホーム初戦白星で公式戦未勝利を3でストップ!横浜FMの初勝利はお預けに…

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW伊東純也はドリブルで横浜FM守備陣を切り裂いた

[3.2 J1第2節 柏2-0横浜FM 三協F柏]

 2018シーズン、ホーム開幕戦を迎えた柏レイソルは、横浜F・マリノスと対戦した。後半に入りMF小泉慶が先制した柏は、オウンゴールで追加点。三協フロンテア柏スタジアムと名称を変更してから初の公式戦を勝利で飾った。

 アンジェ・ポステコグルー監督体制2戦目の横浜FMは、開幕戦のC大阪戦(△1-1)と同じ11人で柏戦へ。4-1-2-3の布陣を敷き、3トップには、右からFW遠藤渓太、FWウーゴ・ヴィエイラ、今季FCソウルから加入したFWユン・イルロクが並んだ。
 敵地での開幕戦・対仙台(●0-1)を落とした柏は、同一戦で退場処分となったDF中山雄太が出場停止に。センターバックには今季横浜FMから加入したDFパク・ジョンスを起用。中盤にはボランチを3枚並べ、新潟から新加入の小泉、MF細貝萌、MFキム・ボギョンが入った。
[スタメン&布陣はコチラ]

 サイドバックも高い位置をとる横浜FMが、柏を押し込む展開となる。陣形をコンパクトに保ち、素早い攻守の切り替えでボール支配率を高めていく。ボールを回しつつ、サイドのスペースをついて深い位置まで切り込んでクロスをあげるが、チャンスをつくることができない。最初のチャンスは柏。敵陣でのパスカットすると、そのままFW江坂任がフィニッシュまで持ち込んだが、シュートはクロスバーに跳ね返されてしまう。

 高いラインを敷く横浜FM最終ラインの裏へのボールを狙う柏だが、GK飯倉大樹が広い範囲をカバーして柏にチャンスをつくらせない。

 守備の時間が長くなる柏は、プレー中にピッチに座り込んだDF鎌田次郎が続行不可能となり、前半30分で交代枠を使うことを余儀なくされ、DF中谷進之介を投入した。

 ボールを持たれる時間こそ長くなった柏だが、チャンスの数で上回ったのは柏だった。DF小池龍太の縦パスをクリスティアーノがDFミロシュ・デゲネクと入れ替わって抜け出し、シュートまで持っていくが、枠をとらえることができなかった。直後にも、キム・ボギョンがドリブルで横浜FM守備陣を切り裂き、GKとの1対1をつくりだしたが、シュートはGK飯倉の正面をついてしまった。さらにアディショナルタイムにはFW伊東純也がDF中澤佑二に後ろから倒されたように見えたが、ノーファウルの判定となり、スコアレスで前半を終えた。

 後半、横浜FMの出鼻をくじくように圧力を強める柏は、4分、敵陣で伊東がボールを奪うとショートカウンターに出る。小泉がクリスティアーノとのワンツーでゴール中央に切り込み、中澤もかわすと、デゲネクがクリアしようとしたボールをゴールに押し込み、先制に成功する。

 さらに柏は、伊東が右サイドからドリブルで中央まで持ち込むと、左サイドを駆け上がってきた途中出場のMF大谷秀和へとパスを送る。大谷のシュートは、クリアしようとしたDF松原健のオウンゴールを誘い、柏のリードは2点に広がった。

 FWイッペイ・シノヅカ、FW伊藤翔、MFダビド・バブンスキーと攻撃的な選手を次々と投入して攻める横浜FMだが、柏に中央を絞られ、決定機まで持ち込めない。バブンスキーがミドルシュートを狙うも、GK中村航輔の好守に防がれてしまう。結局、横浜FMは最後まで得点を割ることができず、今季初勝利とはならなかった。

 勝利した柏は、これでACLを含めた公式戦での未勝利を「3」でストップした。

(取材・文 奥山典幸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第2節1日目 スコア速報

TOP