beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]高川学園が午前・午後2試合連続の延長戦勝ち抜き、初の決勝進出:中国

このエントリーをはてなブックマークに追加

延長前半3分、高川学園高DF田近洸貴(7番)が決勝ヘッド

[3.17 中国高校新人大会準決勝 高川学園高 2-0(延長)広島観音高 広島スタジアム]

 17日午後、第10回中国高校新人大会準決勝が行われ、高川学園高(山口)と広島観音高(広島)が激突。延長戦の末、高川学園が2-0で勝ち、初の決勝進出を決めた。高川学園は18日の決勝で岡山学芸館高(岡山)と戦う。

 高川学園はこの日午前に行われた準々決勝(対作陽高)で延長、PK戦の末に勝利。それから3時間弱で迎えた準決勝も再び延長戦となったが、守備の部分の目標設定を果たしながら決勝進出という結果も手にした。

 広島観音が出場停止明けのMF山崎隼(2年)を先発に戻した以外は準々決勝(対玉野光南高戦)と同じメンバーを組んだのに対し、高川学園は先発を大きく入れ替えて準決勝に臨んだ。その立ち上がりは広島観音が素早いサイド攻撃からゴール前のシーンを増やす。

 ボールを奪うと、後方から丁寧に繋いでくる広島観音に対して、高川学園はボールの取りどころの位置を下げて、前線に入ってくる縦パス、SHへのパスに狙いを定めた。江本孝監督が「2列目のところで奪いたいという目標設定がある程度できていた」と振り返ったように、高川学園は守備が好転。1ボランチのMF品部真完(2年)が危険察知力を発揮し続け、攻撃面でもスペースを狙ったFW河野眞斗(1年)のシュートなどで広島観音ゴールを脅かす。

 ただし、広島観音は大黒柱のCB今野優利主将(2年)と的確なカバーリングを連発していたCB渡部太智(1年)中心に要所を締めて得点を許さない。高川学園、広島観音ともにボールを奪った後にポゼッションから前進しようとしていたが、連戦の疲れによる運動量の不足と互いの好守もあって効果的な攻撃を繰り出すことができない。

 その中で広島観音は右のドリブラー、笠井康希(2年)や交代出場のMF岸翼(1年)が危険な存在になり、チャンスを生み出していたが、最後の局面での精度を欠いて決めることができない。一方の高川学園は後半29分に5人目の交代選手として主力CBの田近洸貴(2年)を中盤に入れるなど、テンポアップを図る。試合は0-0のまま延長戦へ突入したが、動きの落ちた広島観音をフレッシュな高川学園が上回った。

 延長前半3分、高川学園MF品部の右足ミドルは広島観音GK松本英駿(1年)がファインセープ。だが、高川学園は直後の右CKのこぼれ球をCB高木大夢(2年)が左足で入れると、田近が頭でゴールへねじ込んで先制点を挙げた。その後もチャンスを作る高川学園は延長後半6分、高木の右CKのこぼれ球をFW今田蒼葉(1年)が押し込んで2-0。熱戦を制した高川学園が決勝へ駒を進めた。

 高川学園の江本監督は準々決勝の作陽戦についても、奪いどころを意識しながら自分たちでゲームコントロールできたことを評価。チームは前日の瀬戸内戦を勝ちきったことで得た準々決勝、そして準決勝で良い経験を重ねることができている。岡山学芸館高との決勝についても、勝ちにこだわるよりもチームで掲げた目標を試合の中でしっかりクリアすること。その結果、白星も引き寄せるような戦いをする。

(取材・文 吉田太郎)

TOP