beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

栃木が今季初の2連勝!降格圏に沈む京都は闘莉王投入で1点返すも今季7敗目

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.3 J2第12節 栃木3-1京都 栃木グ]

 J2リーグは3日、第12節を行った。栃木県グリーンスタジアムでは栃木SC京都サンガF.C.と対戦し、3-1で栃木が勝利した。

 試合は立ち上がりから21位(2勝3分6敗)の京都が押していたが、先制したのは12位(4勝3分4敗)の栃木だった。前半10分、左サイドからFWネイツ・ペチュニクがクロスを供給すると、ファーサイドのMF久富良輔が頭でマイナスに折り返し、FW榊翔太がヘディングシュート。これは相手のブロックに阻まれたが、こぼれ球をMF西谷和希が右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。

 対する京都は前半26分、右サイドをオーバーラップしたDF石櫃洋祐がMF小屋松知哉のパスを受けてクロスを入れ、FWレンゾ・ロペスが頭で合わせるが、GKジョニー・レオーニにキャッチされてしまう。43分には、小屋松のスルーパスでレンゾ・ロペスが抜け出し、PA内でDF服部康平に倒されたが、笛は鳴らなかった。

 1点ビハインドの京都は後半開始からDF磐瀬剛に代えてMF仙頭啓矢を入れる。だが、栃木は5分、左サイドからMF温井駿斗がロングスローを投げ入れ、服部が打点の高いヘディングシュートをゴール右隅に決め、2-0とリードを広げた。

 京都は後半12分、DF下畠翔吾を下げて古巣対決となるMF湯澤洋介を投入。栃木サポーターからブーイングを浴びせられた。24分には、再びロングスローから服部に決定的なシュートを打たれるが、GK清水圭介のファインセーブで耐え凌ぐと、25分にDF牟田雄祐に代えてDF田中マルクス闘莉王をピッチへ送り込んだ。

 すると京都は後半29分、右サイドから石櫃がクロスを放り込み、闘莉王が頭で落とすと、レンゾ・ロペスが左足シュートを決め、1-2。1点差に詰め寄った。栃木は5バックにするなど逃げ切りを図ると、アディショナルタイム3分に途中出場のMF牛之濱拓がダメ押し。栃木が3-1で勝利し、今季初の2連勝を飾った。対する京都は今季7敗目を喫した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第12節 スコア速報

TOP