beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベイルがわずか122秒で驚愕バイシクル!レアル、リバプールを下して前人未到のCL3連覇

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーが3連覇達成

[5.26 欧州CL決勝 R・マドリー3-1リバプール]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は26日、ウクライナのオリンピスキ・スタジアムで決勝戦が行われ、レアル・マドリー(スペイン)が3-1でリバプール(イングランド)を下し、前人未到の3連覇を達成した。

 現・欧州チャンピオンのレアルは4-3-1-2を採用。ゴールをGKケイラー・ナバスが守り、最終ラインに左からマルセロセルヒオ・ラモスラファエル・バランダニエル・カルバハルが並んだ。中盤はトニ・クロースカゼミーロルカ・モドリッチ、トップ下にイスコを置き、2トップにはクリスティアーノ・ロナウドカリム・ベンゼマが入った。

 2006-07シーズン以来の決勝進出を果たしたリバプールは4-3-3のフォーメーションで守護神はロリス・カリウス、最終ラインは左からアンドリュー・ロバートソンフィルヒル・ファン・ダイクデヤン・ロブレントレント・アレクサンダー・アーノルド。中盤はジョルジニオ・ワイナルドゥムジョーダン・ヘンダーソンジェームス・ミルナーが入り、“最恐3トップ”には左からサディオ・マネロベルト・フィルミーノ、そしてモハメド・サラーが入っている。

 序盤はリバプールが押し気味に試合を進めた。だが、レアルがカウンターの起点をうまくつぶし、前半15分には相手のパスミスから右サイドを駆け上がったC・ロナウドがPA右から強烈なシュートを打ち込んだ。対するリバプールは23分、ワンツーで左サイド深くに進入したミルナーがマイナスに折り返し、フリーのフィルミーノがシュートを放つがS・ラモスがブロック。こぼれ球にアレクサンダー・アーノルドが反応するも右足シュートはGKナバスに止められてしまった。

 前半中盤には両クラブにアクシデント発生。前半26分、S・ラモスともつれながら倒れたサラーが左肩を痛めてしまう。治療後にピッチへ戻ったが、プレー続行不可能となり、プレミアリーグ得点王は涙を流しながらピッチを後にした。代わってMFアダム・ララナが入った。対するレアルは35分、右サイド深くでボールを受けたカルバハルがヒールパスを出した際に負傷。彼もまた涙し、DFナチョ・フェルナンデスと交代した。

 レアルは前半43分、PA右角あたりでパスを受けたイスコが右足でクロスを供給し、C・ロナウドがヘディングシュートを放つ。GKカリウスが弾いたボールをベンゼマが押し込んだが、オフサイドの判定により得点は認められなかった。45分には、左サイドからベンゼマがクロスを上げると、ファーサイドに走り込んだナチョが右足ボレーを放つが、わずかに右に外れ、前半はスコアレスに終わった。

 後半3分にレアルに決定機。マルセロの横パスはララナにカットされるが、PA中央にこぼれたボールにイスコが反応し、右足を振り抜く。しかし、飛び出したGKカリウスのプレッシャーもあり、クロスバーを叩いた。それでも6分に試合が動く。クロースが裏へ送ったパスはベンゼマにつながらず、GKカリウスがキャッチ。カリウスがアンダースローで味方にボールを出すと、近くにいたベンゼマが足を出してこれをカット。そのボールがそのままゴールへ吸い込まれ、レアルが先制に成功した。

 思わぬ形で失点してしまったリバプール。“キング”サラーを欠き、厳しい状況に追い込まれたかと思われたが、後半10分に試合を振り出しに戻す。ミルナーの右CKからロブレンが競り勝ち、ヘディングシュート。ゴール前にいたマネが右足でコースを変え、同点のゴールネットを揺らした。

 追いつかれたレアルは後半16分、ナチョが右サイドからクロスを上げ、イスコが右足を振り抜くが、GKカリウスが好セーブ。直後にイスコを下げてFWガレス・ベイルを入れると、この采配が奏功する。19分、左サイドからマルセロがスピードのあるクロスを供給。入ったばかりのベイルが左足バイシクルシュートを突き刺し、驚愕のゴールでレアルが2-1と勝ち越した。なお、データサイト『オプタ』によると、ベイルは入って122秒でのゴールとなったようだ。

 諦めず攻め込むリバプールは後半25分、右から切れ込んだマネがPA手前から左足を一閃。低い弾道のシュートがいいコースに飛んだが、惜しくも左ポストを叩いた。28分には、PA右からフィルミーノが上げたクロスがカゼミーロの腕に当たったが、笛は鳴らなかった。直後にスルーパスでC・ロナウドに抜け出されるが、懸命にカバーに戻ったロバートソンが体を投げ出して防ぎ、ピンチを逃れた。

 時間が刻々と過ぎていく中、リバプールは後半38分にミルナーを下げてMFエムレ・カンを投入する。しかし、直後に痛恨の失点を喫してしまう。レアルはマルセロのサイドチェンジからベイルが強烈ミドルを放つ。GKカリウスがしっかり正面に入っていたが、まさかのミス。弾いたボールがゴールネットを揺らし、レアルが試合を決定づけた。

 終了間際にはピッチに乱入者も出たが、レアルがそのまま3-1で勝利。前人未踏の3連覇を達成した。一方のリバプールはGKカリウスのミスもあり、2004-05シーズンの“イスタンブールの奇跡”以来、13年ぶりの欧州制覇とはならなかった。

●欧州CL17-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP