beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋、早大の高精度キッカー・MF相馬勇紀の来季加入を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田大のMF相馬勇紀

 名古屋グランパスは28日、早稲田大のMF相馬勇紀(21)の来シーズンの加入内定を発表した。

 165㎝と小柄ながら、そのクイックネスと高精度のキックが特長の相馬。昨季2部でアシスト王に輝いて早大の1部昇格に大きく貢献し、3月には全日本大学選抜にも選出。現在も1部でアシストランク同率首位に立ち、首位早大の攻撃を牽引している。

 名古屋の公式サイトを通じて、「私の特徴はスピードを生かしたドリブル、キックなので、そこに注目してもらいたいです。チームに直接的な結果で貢献できるよう頑張ります。私が人生で1度だけエスコートキッズをしたチームが名古屋グランパスでした。14年後の今、あの時見た憧れのチームに入ることができ、本当に嬉しく思います。ただ加入がゴールだとは全く思っていません。1日1日を大切に謙虚に上を見続け頑張ります」と意気込みを語った。

 早大ア式蹴球部の公式サイトでは、「真っ先に出てくる想いとして、『感謝』があります。サッカーをすること、勉強すること、生きていくこと、嬉しい時も、悲しい時も、いつも近くでたくさんの方が支えてくれました。感謝の気持ちを忘れずに活躍、結果で恩返しをしたいです。早稲田大学に進学し、4年間の間にとても多くのことを学びました。まずは人間として、選手として様々な面で本当に成長することができました」と感謝を伝えている。

 また、早大のサイトには名古屋の大森征之SDのコメントも掲載。「プレーの特徴でもある瞬発力・精度の高いシュート・対人の強さを最大限発揮していただきグランパス攻守一体の攻撃サッカーを目指す上でその攻撃陣の中心として活躍し成長してくれることを確信しています」と獲得のポイントを挙げている。

以下、クラブ発表のプロフィール

●MF相馬勇紀
(そうま・ゆうき)
■生年月日
1997年2月25日(21歳)
■身長/体重
165cm/66kg
■出身地
東京都
■経歴
三菱養和SCユース-早稲田大
■プレーの特徴
スピード、パワーを生かした1vs1の強さ、精度の高い強烈なシュート、プレスキック

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報
●2018シーズン新体制&背番号一覧
●第92回関東大学L特集

TOP