beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「もっと深刻な問題があるだろ!」「彼だって人間なんだ!」カシージャス、嘲笑されたカリウスを改めて擁護

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールGKロリス・カリウス

 ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャスが、批判が絶えないリバプールGKロリス・カリウスを擁護した。

 カリウスは、昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリー戦に先発。しかし、この欧州最高峰の舞台で2つの決定的なミスを犯し、試合後には涙ながらにサポーターに謝罪した。

 この一件で、特にSNS上などでカリウスは嘲笑の標的となった。カシージャスはCL決勝後、「GKなら起こり得ることだ」と擁護していた。

 しかし、カリウスは今月のプレシーズンマッチでミスを犯し、22日に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)のドルトムント戦でも後半アディショナルタイムにクリスチャン・プリシッチのシュートを処理しきれず、ゴール前にこぼれたボールをヤコブ・ブルーン・ラーセンに詰められた。

 これを受け、再び標的とされたカリウスは「人の失敗やミスを見ることが好きな人々へ、あなた方に同情するよ」とコメントしていたが、カシージャスもドイツ人GKを嘲笑する人たちに対し、自身のSNSを通じて強い口調で苦言を呈した。

「ロリス・カリウスへの攻撃はいつ終わるんだ? 世界にはもっと深刻な問題がたくさんあるだろ! 彼だって一人の人間なんだ」

 なお、リバプールは今夏にブラジル代表の正守護神を務めるGKアリソンを獲得している。

●プレミアリーグ2017-18特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP