beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「将来、アイツはA代表になる」桐光学園FW西川潤からの推薦状

このエントリーをはてなブックマークに追加

注目高校生・FW西川潤(桐光学園高、左)が「将来、A代表になる」選手として挙げたMF山本理仁(東京ヴェルディユース)

 日本代表はロシアで開催されたW杯で2度目となる決勝トーナメント進出。大会後も“代表ブーム”の盛り上がりは続き、4年後やその先の日本代表の活躍が大いに期待されている。

 ゲキサカでは日本代表の将来を担う現高校生世代の注目選手に質問。これまで対戦した選手や、所属チーム、選抜・代表チームでともにプレーした選手の中から「コイツは将来、A代表になる」と肌で感じた選手を教えてもらった。

 第1回は桐光学園高(神奈川)のU-16日本代表FW西川潤選手。テクニックと高さを兼ね備え、名門・桐光学園で1年時から10番を背負う注目アタッカーは「将来、A代表になる」と感じた選手について「山本理仁」の名を挙げた。

 MF山本理仁東京ヴェルディユースの注目ゲームメーカー。現在高校2年生の山本は今年、2学年上の世代に当たるU-19日本代表にも招集されており、かつて東京Vユースの永井秀樹監督に「日本のサッカーの中心に」「ヴェルディ、大げさに言うと、日本のサッカーにとっても宝物だと思う」と言わしめたほどの逸材だ。

 年代別日本代表や国体選抜でともにプレーした西川も「あれは上手いっすね。仲良いですけれども、あれはやりにくいです。ボール獲れない」と称賛。山本はボールスキル、ボールを引き出す動きのレベルも高く、フィジカル面も着実に向上している。将来、“超高校級”の彼らがA代表でコンビを組む可能性も大いにありそうだ。

(取材・文 吉田太郎)

TOP