beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]A groupアシスト王:静岡学園MF渡辺怜歩「評価されてプロになれるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

A Groupアシスト王の静岡学園高MF渡辺怜歩

 関東・静岡の強豪18校の1年生たちが真剣勝負の場で成長を目指した「2018 Rookie League」は2日の閉会式で表彰選手を発表した。

 A Groupのアシスト王は非常に正確なボールコントロールやドリブル、スルーパスなど抜群の技術力を駆使して6アシストを記録した静岡学園高(静岡)のMF渡辺怜歩が獲得した。

以下、渡邉コメント

●静岡学園高MF渡辺怜歩 (1年)
―Rookie Leagueを振り返って
「ルーキーリーグのたくさんの強いチームと試合した中で、通用した部分とたくさんの課題を見つけることができたので、課題を克服できるように努力して成長していきたい。アシストで結果を残すことはできたんですけれども、得点でチームを勝たせることとかはできなかったので、自分でゴールを決めたり、目に見える結果を残して評価される選手になりたいと思います」

―自分のプレーで見て欲しいところは?
「身体が小さいのでドリブルやパスの判断だったり、技術面では結構こだわってやっているのでそこで勝てるところ。ゴール前で持ちすぎたりしないように、判断は考えながらやっている」

―レベルアップしている印象だが?
「身体が小さいのでなるべく潰されないように、1タッチでやるところと相手を外すドリブルを使い分けるところはもっとやっていきたい」

―今後の目標を教えてください。
「1日でも早くトップチームに入って高校総体や選手権の大きい舞台で結果を残して、評価されてプロになれるように頑張っていきたいです」

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2018 Rookie League特集ページ

TOP