beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イングランド代表若き守護神ピックフォードがエバートンとの新契約にサイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

エバートンとの新契約にサインしたピックフォード

 エバートンは26日、イングランド代表GKジョーダン・ピックフォード(24)と2024年6月までの新契約を結んだと発表した。

 同選手はサンダーランドから17年にエバートンに加入。移籍金はクラブ史上最高額となる3000万ポンド(約42億円)だった。

 17年11月にイングランド代表デビューも果たすと、今年6月のロシアワールドカップでは守護神として活躍。4強進出に大きく貢献した。

 17年移籍当時に結んだ契約からさらに2年延長した新契約を結んだピックフォードは「クラブのためにできるだけ多くの試合に出たい」と貢献を誓った。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP