beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「足が裂けるぐらいの気持ちで」眠れるエースが目覚めた!!10番西川が世界に導く

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を決め、ガッツポーズのFW西川潤

[9.30 AFC U-16選手権準々決勝 U-16日本代表 2-1 U-16オマーン代表 マレーシア]

 U-16日本代表は30日、19年U-17ワールドカップへの出場権を懸けたAFC U-16選手権マレーシア2018の準々決勝でU-16オマーン代表と対戦し、2-1で競り勝った。準決勝進出を決めた日本は上位4チームに与えられるU-17W杯出場権を獲得。2大会連続9回目となる世界切符をつかみ取った。

 ここまで今大会ノーゴールと苦しんできたエースがついに目覚めた。前半14分、FW西川潤(桐光学園高)が2トップを組むFW荒木遼太郎(東福岡高)からの浮き球のパスに反応。胸で落としてPA内に切れ込むと、右足のシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球が目の前のDFに当たって跳ね返り、そのままゴールマウスに吸い込まれた。

 公式記録はオウンゴールとなったが、貴重な先制点を演出。しかし、チームはその7分後に追いつかれ、1-1の同点で後半に折り返した。後半9分、14分には立て続けに西川にビッグチャンスが訪れるも、相手GKの好セーブに遭い、勝ち越しゴールが遠い。それでも後半36分、西川がスピードに乗って左サイドを突破すると、グラウンダーの折り返しを途中出場のFW唐山翔自(G大阪ユース)が右足で流し込み、勝ち越しゴールを奪った。

 2得点を演出する活躍で日本をU-17W杯出場に導いた背番号10は試合後のフラッシュインタビューで「今までチームの役に立つプレーができていなかった。大事な一戦で足が裂けるぐらいの気持ちで試合に臨んだ」と、その決意をにじませ、「チームのために走ることができてよかった」と安堵の笑みを浮かべた。

「W杯出場という目標をずっと目指してきた。それを達成できて本当にうれしい」。西川は全身で喜びを感じながらも、「W杯出場という目標は達成できたので、次はアジア制覇という目標にシフトチェンジして、チーム一丸となってやっていきたい」と、早くも次なる戦いへ視線を移していた。

●【特設】AFC U-16選手権マレーシア2018
★日本戦全試合はCS放送のテレ朝チャンネル2で生中継!

TOP