beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田が4戦3発目!!遠藤航もV弾に絡んだシントトロイデンは2戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF鎌田大地が今季3得点目をマーク

[10.6 ベルギー・リーグ第10節 シントトロイデン3-1ムスクロン]

 ベルギー・リーグ第10節が6日に行われ、DF冨安健洋、DF遠藤航、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF小池裕太の所属する7位シントトロイデンはホームで16位ムスクロンと対戦し、3-1で勝利した。加入後初スタメンの鎌田は後半アディショナルタイム2分にダメ押し弾となる今季3得点目を記録。また、冨安は開幕10試合連続で先発フル出場を果たし、ベンチスタートの遠藤は後半20分から途中出場した。関根と小池はメンバー外となっている。

 4戦無敗中(3勝1分)のシントトロイデンは前半26分、FWヨアン・ボリがPA内左で倒され、PKを獲得。同27分にキッカーのFWジョルダン・ボタカが右足でゴール左に決め、幸先よく先制した。

 前半35分には変化をつけたFKから鎌田が右足でボレーシュートを放つも、相手GKがセーブ。さらに前半39分、鎌田がドリブルで右から中央へ切れ込むと、ムスクロンのMFフランク・ボヤに危険なタックルで止められる。ボヤは2度目の警告を受けて退場となった。

 前半43分にムスクロンの右CKからDFブルーノ・ゴドーにこぼれ球を押し込まれるが、1-1で迎えた後半39分に再びリードを奪う。MFロマン・ベズスの左CKを途中出場の遠藤がファーから頭で折り返し、DFジョルジュ・テイシェイラのヘディングシュートは相手GKにストップされるも、跳ね返りをボリがヘッドで押し込んだ。

 後半43分には鎌田がPA内でムスクロンのDFノエ・デュセンヌに倒される。一度は見逃されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経て、同アディショナルタイム2分にデュセンヌに対して2枚目のイエローカードが提示された。

 PKキッカーを任されたのは鎌田。相手GKの逆を突いて右足でゴール左下に突き刺し、9月22日の第8節アントワープ戦以来、2試合ぶりの得点を挙げる。8月31日に期限付き移籍した鎌田は出場4試合目ながら、早くも今季3得点とした。

 シントトロイデンは9人のムスクロンに反撃を許さず、3-1で逃げ切りに成功。2試合ぶりの白星で5戦負けなし(4勝1分)とし、暫定5位に浮上した。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP