beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昌平、浦和東、成徳深谷、浦和南が埼玉準決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第97回全国高校サッカー選手権埼玉県予選は3日と4日に準々決勝を行った。インターハイ3位の昌平高は、DF関根浩平とMF木下海斗のゴールによって正智深谷高に2-1で競り勝った。7年ぶりの全国出場を狙う浦和東高は、DF安食龍成とFW小川翼のゴールによって西武文理高に2-0で勝利している。

 インターハイ出場の浦和南高武南高との伝統校対決は、MF大坂悠力の決勝ヘッドによって浦和南が1-0で勝った。今年埼玉2冠の成徳深谷高は後半アディショナルタイム、ロングスロー後の混戦からFW北原港が右足で決勝点を決めて市立浦和高に1-0で勝利。初の4強入りを果たしている。

 準決勝は11日に行われる。
 
【埼玉】
[準々決勝](11月3日、4日)
昌平高 2-1 正智深谷高
浦和東高 2-0 西武文理高
成徳深谷高 1-0 市立浦和高
武南高 0-1 浦和南高

[準決勝](11月11日)
昌平高 - 浦和東高
成徳深谷高 - 浦和南高
●【特設】高校選手権2018

TOP