beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

互いにネット揺らすが幻に…マンU、クリスタル・パレスに苦しみスコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロメル・ルカクのゴールはオフサイドと判定された

[11.24 プレミアリーグ第13節 マンチェスター・U 0-0 クリスタル・パレス]

 プレミアリーグは24日、第13節を行った。マンチェスター・ユナイテッドはホームでクリスタル・パレスと対戦し、0-0で引き分けた。

 27日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第5節ヤングボーイズ戦を控えているユナイテッドは、11日のマンチェスター・シティ戦(1-3)から4人を変更。FWマーカス・ラッシュフォードとMFアンデル・エレーラ、MFマルアン・フェライニ、DFルーク・ショーに代え、FWロメル・ルカクとMFポール・ポグバ、MFフアン・マタ、DFマッテオ・ダルミアンがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合はユナイテッドがボールを支配するものの、なかなか崩し切ることができない。対するパレスは前半20分、ユナイテッドのパスミスから最後は古巣対決のMFウィルフレッド・ザハが右足ミドルシュートを放つが、わずかにゴール左へ逸れる。さらに25分、カウンターからフリーで攻め上がったDFパトリック・ファン・アーンホルトがザハのパスを受けて右足シュート。決定的なシーンだったが枠を捉えきれなかった。

 パレスに押し込まれるユナイテッド。前半29分、PA左からDFアシュリー・ヤングが折り返したボールをニアに飛び込んだMFジェシー・リンガードが右足で合わせるが、GKウェイン・ヘネシーに阻まれる。パレスは43分、左サイドのFKからMFルカ・ミリボイェビッチが左足でクロスを供給。MFシェイク・クヤテがヘディングシュートでゴールネットを揺らしたが、オフサイドと判定され、得点は認められなかった。

 ユナイテッドはスコアレスで迎えた後半12分、右サイドからのクロスがPA左手前へ流れ、ヤングが低い弾道のシュートを打ち込む。GKヘネシーが弾いたボールをルカクが右足で押し込んだが、こちらもオフサイドと判定された。14分には、2枚替えを敢行。リンガードとマタを下げ、フェライニとFWマーカス・ラッシュフォードを入れた。

 さらにユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は後半23分にポグバを下げ、FWアレクシス・サンチェスを投入。あと22分を残して交代カードを使い切った。しかし、29分にパレスにチャンス。ハーフェーライン付近からMFアンドロス・タウンセンドがドリブルで運び、相手をスルスルとかわしてGKと1対1の状況から右足を振り抜く。だが、枠を外れて先制のチャンスを逃した。

 その後はユナイテッドが前に出たが、最後までスコアを動かすことができないまま0-0でタイムアップ。マンチェスター・ダービーに続く連敗は免れたが、欧州CLへ弾みをつけることができなかった。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP