beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

JFA田嶋会長、AFC会長選へサルマン現会長の支持を表明

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本サッカー協会の田嶋幸三会長

 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は28日、JFAを通じて声明を出し、来年4月6日に行われるアジアサッカー連盟(AFC)の会長選挙に向け、シェイク・サルマン・ビン・イブラヒム・アル=カリファ現会長の立候補を支持することを表明した。

 13年からAFC会長を務めるシェイク・サルマン氏は15年に再選。国際サッカー連盟(FIFA)の副会長も務めている。田嶋会長は「今日のAFC加盟協会間の安定と調和があるのも同会長の強固なリーダーシップがあって実現できているもので、JFAとしてはサルマン会長の指導力を高く評価している」として、サルマン会長の3選を支持する意向を明らかにした。

 来年4月6日のAFC総会では会長選挙のほか、AFC選出のFIFA理事選も行われる。15年からFIFA理事を務める田嶋会長は再選を目指して立候補することを表明しており、「サルマン氏とともに世界のサッカーの発展、並びに、AFC理事会メンバーとしてアジアサッカーのさらなる強化、発展に努めたい」と述べている。

TOP