beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベストヤングプレーヤーの候補者決定!! 東京五輪世代から12人

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストヤングプレーヤーの候補12選手

 Jリーグは4日、2018シーズンのベストヤングプレーヤー賞の対象選手を発表した。受賞者は13日に行われるJリーグ公式メディアのライブ配信番組で発表され、18日のJリーグアウォーズで表彰される。

 ベストヤングプレーヤーは①1997年4月2日以降の出生、②J1リーグ戦17試合以上に出場、③過去に同賞受賞歴なしの3要件を満たす選手が対象。リーグ戦全試合に出場した湘南ベルマーレDF杉岡大暉ら、現在21歳以下の東京五輪世代から計12選手がノミネートされた。

 過去の最年少受賞者は2004年、当時東京ヴェルディ所属だったFW森本貴幸(アビスパ福岡)の16歳。受賞者には正賞のブック型楯と賞金50万円に加えて、副賞として国内旅行券50万円分が贈られる。

 対象選手は以下のとおり(括弧内の数字は年齢)

FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌・20)
MF椎橋慧也(ベガルタ仙台・21)
FW安部裕葵(鹿島アントラーズ・19)
DF橋岡大樹(浦和レッズ・19)
MF遠藤渓太(横浜F・マリノス・21)
MF齊藤未月(湘南ベルマーレ・19)
DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ・19)
DF立田悠悟(清水エスパルス・20)
DF菅原由勢(名古屋グランパス・18)
FW中村敬斗(ガンバ大阪・18)
MF郷家友太(ヴィッセル神戸・19)
FW田川亨介(サガン鳥栖・19)


●過去の受賞者
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP