beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高かったJ1の壁…井上潮音「力のなさを感じた」東京V、11年ぶり悲願ならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつむくMF井上潮音

[12.8 J1参入プレーオフ決定戦 磐田2-0東京V ヤマハ]

 悲願のJ1昇格はあと一歩届かなかった。東京ヴェルディはリーグ戦6位からプレーオフを2連勝で勝ち上がった。終盤のセットプレーで試合を決める劇勝で勢いに乗り、11年ぶりのJ1復帰まであと1勝に迫ったが、最後はJ1の高い壁に跳ね返された。MF井上潮音は「自分たちの力が出せなかったのが現実。力のなさを感じました」と声を落とした。

 90分間のシュート数は相手の13本に対してわずか2本。磐田の出足鋭いプレスにパス回しは寸断され、ミスも目立った。「あのスピードのプレスの中でもっと冷静に、チーム全体でいいポジションを取って、いつも通りのサッカーをしたかった」。リーグ戦のようにポゼッションを確立できず、「受け身になった印象はあったし、あのプレスを楽しむくらいの気持ちでやれていれば」と悔やしさをにじませた。

「個々の局面もすごく強かった」。一週間で対策を練り、戦い方を徹底した磐田に力の差を突き付けられ、最後は完敗。プレーオフを戦い抜いた経験を来季につなげるしかないが、「先のことはまだ考えられない」とすぐには整理がつかなかった。

(取材・文 佐藤亜希子)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018J1参入プレーオフ特設ページ

TOP