beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

駒大選手が語る指揮官への思い…MF大塲淳矢「秋田監督を日本一にして胴上げしたかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

主将・MF大塲淳矢(左)が監督への思いを明かす

[12.22 インカレ決勝 法政大1-0駒澤大 浦和駒場]

 駒澤大を牽引してきた主将・MF大塲淳矢(4年=藤枝東高)は今日の試合を、また大学4年間を振り返る。そして、秋田浩一監督への思いを打ち明けた。

 駒大の戦術の肝となるセカンドボール奪取。大塲はその重要な任務を遂行し、準決勝・大阪体育大戦でも先制点の起点をつくった。しかしこの試合では「自分たちのサッカーを貫き通せなかったっていうことが、一番の敗因」とその役目を全うできなかったことを悔いた。

 4年の歳月は「苦しい思いをしたほうが多かった」と笑う大塲。しかし、積み重ねた悔しさと努力が糧となり、最終学年となった今季にチームは躍進を遂げる。夏に4年ぶりに総理大臣杯出場を果たすと、冬には8年ぶりのインカレ出場。着々と連勝を重ね、12年ぶりにインカレ決勝の舞台まで到達した。

「今まで苦労したからこそ、この喜びがある」と実感する大塲は、卒業とともにサッカー人生にピリオドを打つ。手に入れたかけがえのないものは、この先の人生にも役立つと確信しているという。

 秋田監督は会見で「決勝まで来てよく頑張った。僕個人は4年生に感謝しています。お礼を言いたい」とその思いを口にした。試合中は選手たちを叱咤する中で、試合後には選手たちへの愛を覗かせていた。

 駒大の選手たちに聞くと、それぞれが監督への感謝を口にする。大塲は会見で「今日勝って、監督においしい酒を飲まそうって自分たちは戦っていたので、それができなかったことだけは悔いですけど、4年間指導していただいた監督には感謝しています」とコメント。DF須藤皓生(4年=駒澤大高)も「普段はかわいい。かなり本気でぶつかってくれる。僕は駒大史上一番怒られた選手だと思っているし、嫌だった時期もありました。でもそれくらい本気でぶつかってくれていた。そこに愛を感じたし、あれだけ本気ならおれもやらなきゃ、と思わせてくれる人です」と指揮官を慕っていた。

 大塲は「本当に感謝しています。人間として大事なことを教えてもらえたので、心から駒大に来てよかったと思います。自分たちが勝ち切れないときも根気強く励ましてくれた」と改めて述べる。「監督を日本一にして胴上げしたかった」。果たせなかったその思いは後輩に託され、来季の原動力へと変わっていく。

(取材・文 石川祐介)
●第67回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP