beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「去年の悔しさをぶつける」甲府MF小椋が契約更新

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府MF小椋祥平が契約更新

 ヴァンフォーレ甲府は12日、MF小椋祥平(33)が2019年シーズンの契約を更新したことを発表した。

 2004年に水戸でプロ生活を始めた小椋は横浜FM、G大阪、山形などを経て2017年に甲府へ加入。昨季はJ2リーグ戦23試合で2得点を記録し、天皇杯では2試合に出場した。

 新シーズンに向けてクラブ公式サイトを通じ、「昨年は、J1昇格という目標を達成でなかった事、そして自分自信の怪我もあり、納得のいくシーズンには出来なかったです。 今年は、なんとしても去年の悔しさをぶつけ、気持ちあるプレーでチームの勝利に貢献したいです」と決意を語っている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP