beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バチュアイの移籍先はクリスタル・パレスに決定「試合出場とゴールに飢えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルギー代表FWミヒー・バチュアイはローンでクリスタル・パレスに加入

 チェルシーからバレンシアにレンタル移籍中のベルギー代表FWミヒー・バチュアイの新天地はクリスタル・パレスに決定した。

 クラブの発表によると、今季終了までのローン移籍となる。クラブを通じてコメントを発表し、バチュアイは「ロンドンとプレミアに戻ってきたことをうれしく思うよ。試合出場時間とゴールに飢えている。パレスでそれを得られることを願っている」と意気込み。スティーブ・パリッシュ会長は「ミヒーは我々が長い間賞賛して来た選手だ。彼に赤と青のシャツを着せられたことがうれしい」とコメントした。

 バチュアイは2011年7月にベルギーのスタンダール・リエージュの下部組織からトップ昇格すると、2014年6月にマルセイユに加入し、2シーズンで公式戦78試合出場33得点と活躍。2016年7月にはチェルシーに加入し、2年目はプレミアリーグ優勝に貢献した。昨年1月にドルトムントにレンタルで移籍し、公式戦14試合出場9得点を記録した。

 昨年6月のワールドカップでもベルギー代表として活躍したバチュアイは昨年8月にバレンシアにレンタル移籍。しかし今季はリーガ第21節まで15試合出場1得点にとどまり、冬の放出が噂されていたが、移籍市場最終日に駆け込みでプレミア復帰が決まった。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP