beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バスケス・バイロンが決勝PK!!いわきFCがMLSクラブとの3位決定戦に勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわきFCがバスケス・バイロンのPKで勝利した

[2.10 パシフィック・リム・カップ3位決定戦 バンクーバー0-1いわき アロハ・スタジアム]

 ハワイで開催されているパシフィック・リム・カップ2019 Powered byアンダーアーマーの3位決定戦が10日(日本時間11日)に行われ、東北社会人リーグ1部のいわきFCがMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスを1-0で下した。

 1回戦のレアル・ソルトレイク戦の惜敗から中1日。いわきFCはスタメン3選手(FW吉田知樹、MF山下優人、DF増崎大虎)を変更。初のMLSクラブ撃破を目指す。

 前半はバンクーバーが圧力をかけた。特にFWアンソニー・ブロンデルのスピード感あるプレーにいわきFCディフェンスが苦労する。

 しかし前半21分の2度のワンツーから抜け出された場面もシュートが枠を外れるなど決定力不足に助けられ、前半をスコアレスで折り返した。

 いわきFCは後半からMFバスケス・バイロンやGK白岡ティモシィといった新戦力を投入。フレッシュな陣容で、流れを引き寄せに行く。

 後半も一進一退の攻防を続けたが、後半42分、ついにスコアが動く。右クロスをFW小枇ランディが落とすと、こぼれ球に反応したバスケスが相手と接触。PKを獲得すると、バイロン自らがセット。中央に蹴ったボールはGKの足に当たったが、勢いよくゴールネットを揺らした。

 2年連続出場となるいわきFCだが、昨年はMLSクラブに連敗。今大会も1回戦でMLSクラブに敗れていたが、通算4度目の対戦で初勝利となった。いわきFCは3位という結果で今年度のパシフィック・リム・カップの戦いを終えた。

(取材・文 児玉幸洋 取材協力 アンダーアーマー)

TOP