beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

堂安、好機生かせず…最下位とドローのフローニンゲン、連勝は3でストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローニンゲンMF堂安律

[2.23 エールディビジ第23節 NAC 0-0 フローニンゲン]

 オランダ・エールディビジは23日に第23節を開催し、MF堂安律とDF板倉滉が所属するフローニンゲンが最下位のNACのホームに乗り込み、0-0で引き分けた。堂安は3試合連続フル出場を果たし、板倉はベンチ外だった。

 今季初の4連勝を目指すフローニンゲンは前半13分、DFサミール・メミセビッチの巧みな浮き球のパスから最終ライン裏に抜け出したFWトマス・ブルンスがダイレクトボレーで狙うがゴールマウスを捉え切れず。同38分にはPA外でボールを受けた堂安が相手数人に囲まれながらも細かいタッチでシュートコースを生み出して右足で狙うが、ボールはGKベニヤミン・ファン・レーアに守備範囲に飛んでしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、同11分に相手選手のパスミスを拾った堂安がPA内から強烈な左足シュートを枠内に飛ばしたものの、ファン・レーアに弾き出されてネットを揺らすには至らなかった。

 後半24分にMFリュドビート・ライスのミドルシュートがクロスバーを叩き、同45分にはMFイリアス・ベル・ハッサーニの浮き球のパスで最終ライン裏に走り込んだ堂安が至近距離から放ったシュートがファン・レーアにストップされるなど、その後もフローニンゲンに得点は生まれず。0-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれ、最下位とドローに終わったフローニンゲンの連勝は3でストップした。

●オランダ・エールディビジ2018-19特集
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中

TOP