beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チーム内のライバルたちを追いかけてきた帝京長岡FW矢尾板、初招集のU-17代表候補で「自分の良さをどれくらい出せるか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

初招集されたU-17日本代表候補合宿でのアピールを誓う帝京長岡高FW矢尾板岳斗

 13日、今月17日から21日まで福島合宿を行うU-17日本代表候補メンバーが発表された。今冬の選手権で8強入りした帝京長岡高(新潟)のFW矢尾板岳斗(2年)が初招集されている。

 矢尾板は昨年の国体新潟県選抜でキャプテンを務めた実力者。帝京長岡のチームメートでもあるMF田中克幸(2年)との両ワイドからの仕掛によって新潟県選抜の攻撃を牽引していた。そして、今冬の選手権では帝京長岡の10番を背負ったが、田中やMF谷内田哲平(2年)、FW晴山岬(2年)と言った同級生が活躍する中で自身の出場時間はわずか。一方で評価を勝ち取った田中は2月のU-17日本代表チリ遠征メンバーに選出され、谷内田は今月に京都加入内定を果たしている。

 矢尾板は昨年、1月に負った怪我の影響で約5か月プレーすることができなかった。その影響でなかなかチームにフィットすることができなかったが、新チームではシャドーのポジションで存在感。ドリブル突破や得点力でアピールするアタッカーは初めて年代別日本代表候補メンバーに選出された。

 代表候補メンバー選出を伝えられた矢尾板は「テツ(谷内田)とか田中とかが代表とか入っていて、自分もそういうところでやりたいと思って、目標に練習してきたので率直嬉しいです。びっくりはしましたけれども、自分の持ち味であるドリブルが代表に行っても通用するか、自分の良さをどれくらい出せるかだと思うので、代表で出していきたい」と代表でのアピールへ気合十分だ。

 帝京長岡の系列組織である長岡JY FC時代から、谷内田や晴山を追う立場だった。中学時代から帝京長岡のAチームに加わり、公式戦に出場していた彼らを「負けたくない」という思いで追いかけ、武器を磨いてきた選手だ。まだチームで彼らのような大活躍はできていないものの、早生まれということもあって得たチャンス。得意のドリブル、攻守にアグレッシブなプレーでそのチャンスを掴み、チーム内のライバルたちよりも早く代表チームに定着する。 

(取材・文 吉田太郎)

TOP