beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-18代表MF岩本翔、FW森海渡ら筑波大新入部員は世代トップクラスのタレントたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-18日本代表のMF岩本翔(ガンバ大阪ユース)は名門、筑波大へ進学する

 18年関東大学リーグ1部2位の筑波大が、19年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、筑波大)。

 今年も世代トップクラスの選手たちが集結した。ガンバ大阪ユース(大阪)の10番を背負ったMF岩本翔主将は年代別日本代表の常連で、2月のU-18日本代表スペイン遠征にも参加しているテクニシャン。U-17日本代表やU-18Jリーグ選抜歴を持つ長身ストライカー・FW森海渡(柏レイソルU-18)、昨年のJユースカップで得点王を獲得し、横浜F・マリノスユース(神奈川)を日本一へ導いたFW栗原秀輔も名門に加入する。

 また、攻守にハイレベルなSB三浦雅人(東京ヴェルディユース)、クラブユース選手権準優勝、プレミアリーグ昇格を果たした大宮アルディージャユース(埼玉)を後方で支えたCB森侑里、そして、阪南大高(大阪)の快足ストライカー・FW和田育主将も筑波大での成長、活躍を目指す。

以下、筑波大の入部予定選手
▼DF
森侑里(大宮アルディージャユース)
三浦雅人(東京ヴェルディユース)
▼MF
岩本翔(ガンバ大阪ユース)
▼FW
森海渡(柏レイソルU-18)
和田育(阪南大高)
栗原秀輔(横浜F・マリノスユース)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

TOP