beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

冨安&遠藤航が追走するも間に合わず…日本人5人先発の注目のPO初戦、先制弾は森岡!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF森岡亮太が日本人対決で先制ゴール

[3.31 ベルギー・リーグPO2A第1節 シントトロイデン-シャルルロワ]

 シャルルロワのMF森岡亮太が31日、アウェーで行われたベルギー・リーグのプレーオフ2A第1節シントトロイデン戦でスタメン出場し、先制ゴールを挙げた。

 シントトロイデンはDF冨安健洋、MF遠藤航、MF鎌田大地、FW木下康介、シャルルロワは森岡が先発出場。日本人5選手が同時に出場した注目の一戦で均衡を破ったのは森岡だった。

 前半10分、味方が斜めのフリーランニングでDFを引きつけ、中央にぽっかりとスペースが空くと、そこに森岡が走り込んでパスを受ける。後方から冨安や遠藤がカバーに向かったが、森岡はGKとの1対1から冷静に右足で流し込んだ。

 森岡は2月16日のリーグ戦第26節コルトライク戦(2-1)以来、5試合ぶりのゴール。今冬にシャルルロワに加入してから2得点目となった。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP