beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

豊川&森岡がフル出場の日本人対決、劇的V弾でシャルルロワに軍配

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW豊川雄太とMF森岡亮太はともにフル出場

[4.7 ベルギー・リーグPO2A第3節 オイペン0-1シャルルロワ]

 ベルギー・リーグのプレーオフ2A第3節が7日に行われ、FW豊川雄太の所属するオイペンはホームでMF森岡亮太所属のシャルルロワと対戦し、0-1で敗れた。豊川は4試合連続でスタメン出場。前節に欠場した森岡も2試合ぶりに先発復帰し、2人ともフル出場している。

 3月17日のレギュラーシーズン第30節から、わずか2試合を挟んで再び迎えた日本人対決。前回は豊川が先発出場した一方、ベンチスタートの森岡は出番なしとなり、アウェーのオイペンが2-1で勝利していた。

 今節はスコアレスの時間が長く続き、引き分けが濃厚かと思われた終了間際に均衡が破れる。後半アディショナルタイム1分、シャルルロワのカウンターからFWビクター・オシムヘンが右サイドを駆け上がり、折り返しをPA内中央の途中出場FWジェレミー・ペルベが受けると、DFを背負った状態で反転から右足でシュート。ゴール右隅に決まり、これが決勝点となった。

 プレーオフ初勝利のシャルルロワは次節にホームでウェスターロ、2連敗のオイペンは敵地でベールスホット・ウィルレイクと対戦する。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP