beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこ、ドイツとドロー…W杯メンバー発表前最後の遠征を終える

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半24分にFW横山久美が得点した

 日本女子代表(なでしこジャパン)は9日、ドイツ女子代表と国際親善試合を行い、2-2で引き分けた。W杯前最後の欧州遠征は1分1敗で終えた。本戦を戦うメンバー発表は5月中旬を予定している。

 2度のリードを奪いながら、逃げ切ることが出来なかった。前半35分のMF長谷川唯のゴールによって前半を1点リードで折り返したなでしこだったが、後半8分に同点弾を浴びてしまう。

 後半24分にはFW横山久美の右足弾で勝ち越すも、その3分後に失点。FIFAランキング2位の強豪を相手に善戦したが、勝利をもぎ取ることは出来なかった。

 6月にフランスで行われるワールドカップではグループDを戦うなでしこジャパン。6月10日の初戦でアルゼンチン、同14日にスコットランド、同19日にイングランドと対戦する。

●女子ワールドカップ2019特集

TOP