beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本高校選抜で欧州経験した市船MF鈴木唯人は相手に「凄いな」「敵わないな」と思わせるくらいのプレー誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本高校選抜MF鈴木唯人(市立船橋高3年)は今年、ライバルに「凄い」「敵わないな」と思わせるくらいのプレーを

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜は4月13日から24日まで欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)に出場。6位で大会を終えた。

 高い攻撃性能と万能性を兼ね備えたMF鈴木唯人(市立船橋高3年)は今年、名門校の10番を背負う注目エースだ。U-18日本代表にも選出されているアタッカーは、欧州遠征終盤になるに連れてパフォーマンスを向上。重要な局面で起用され、存在感のあるプレーや決定的なプレーを見せていた。その鈴木が高校選抜の活動の感想と、先輩たちから学んだこと、今年の意気込みなどを語った。

以下、鈴木コメント
―高校選抜の活動を振り返って。
「自分は欧州に来るのが1回目じゃなくて、そういう部分ではできるだろうとかというのがあって、フワッと入ってしまいました。落ち着いて考えたら、最初のところで(朝岡隆蔵)監督から良い印象を持ってもらえなかった。青森山田の3年生とかは本気度とか違っていたと思います。ハーフタイムに帰ってきたらマサ(飯田雅浩)くんとかが自分に対して怒鳴ったり、気持ちの部分が凄いなと思って、これをやり続けたからこそ(選手権で)優勝したのかなというのも近くでやらせてもらって感じました。自分もそういうところを直していかないと自分の良さを発揮していけない。色々なことを学べたのかなと思います」

―準備してプレーすれば、十分にできることも証明した。
「良い状況でできるのはみんなそうだと思うんですけれども、いつどんな時もできないとやっぱり意味ないと思うので、代表行っても出してもらって(一回のチャンスで)自分のプレーができないといけないと思う。過信せずに自信を持つことも大事だと思うし、最初から自分を表現するためにスタートからしっかりとしていくことも大事だと思います」

―話にも出たけれど高校選抜の3年生の熱量はどう映った?
「最初は自分、選手権出ていなかったのでどんなだろうと思って。普段の生活では意外な一面が見れたり、逆にサッカーの部分では人として大人というか、本当に本気度が(自分と)一番違うのかなと。日頃からこういうことをやっていたんだろうなということがここで見ていて青森山田の人たちから感じたり、ここに来ている3年生はチームで主にキャプテンとかまとめる人たちばかり。一人ひとり特長を必ず持っているなと感じたし、だからこそ自分ももっと大きくなっていかないといけないと感じました」

―今年は高校選抜という肩書も持っての一年になる。周囲からのターゲットに。
「ここで満足して天狗になったりせずに、そう思われるからこそ、自分は負けたらいけないと思う。戦う相手たちに『凄いな』と思わせるプレーや、毎試合毎試合どの試合でも『アイツには敵わないな』と思わせるくらいのプレーがしたいし、そう思わせたら自分も成長したと言えると思う。毎試合成長していくことが大事なっていくと思うので、こだわっていきたいです」

―今年1年やその先へ向けた意気込みを。
「チームとしては選手権に2年連続で出ていないので、最近の市船は消えてしまっている。選手権に出て優勝するのはもちろん、インハイ、プレミアもあるのでどれも今年は絶対に優勝できると思うので、それをみんなで日頃からまとまってできれば良いと思う。(市立船橋の朝岡隆蔵)監督が高校選抜の監督で、他のチームの人は監督の戦術に最初は戸惑っていた。市船で教わっていたのは難しいのも分かっていたんですけれども、それを自分は1年、2年やっている。やっぱり凄いな、良い経験をしていたんだなということを実感した。今年、チームのみんなをまとめながら勝利へ導くのもそうですし、プロに入って、1年目は難しくなると思うんですけれども、プロに入っただけで終わらずにどんどん代表の主力になっていきたいなと思っているので今年一年、もっと力をつけたいと思っています」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ
★日本高校選抜の活躍を プーマ フットボール公式Instagram アカウント でもチェック!
第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会公式サイト(別サイトに移動します)

TOP