beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

誤審の“被害者”となった湘南MF杉岡「僕たちも人生を賭けて試合をやっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレMF杉岡大暉

[5.17 J1第12節 浦和-湘南 埼玉]

 信じられなかった。自身が放ったシュートは確かにネットを揺らした。ゴールが生まれたことを確認して歓喜を爆発させたはずだった。しかし、湘南ベルマーレMF杉岡大暉のゴールは認められなかった。

 問題のシーンは、湘南が0-2と2点のビハインドを背負って迎えた前半31分に訪れる。MF梅崎司からパスを受けた杉岡がMF宇賀神友弥と競り合いながらも粘り強くキープし、PA外から左足シュートを放つ。ボールは右ポストを叩くと、逆サイドのサイドネットを揺らして1点差に詰め寄るゴールが生まれたと思われた。

「ネットに当たったのが見えた」ことでチームメイトと喜びを表していると、浦和の選手たちが自陣ゴールへと向かっていた。FWアンドリュー・ナバウトのシュートをGK秋元陽太がストップし、このプレーでナバウトが負傷してプレーが止まると湘南側が猛抗議。

 この時も杉岡は「キックオフが早く始まって、皆が抗議をしていると思った」と自身のゴールは、あくまでも認められていると思っていた。しかし、「ゴール自体がなかったことになっていたので、信じられなかったし、(審判に確認しても)『入っていない』という一点張りだった」と振り返った。

 ハーフタイムに「絶対に逆転してやろう」と一致団結したチームは後半だけで3点を奪って劇的な逆転勝利を収め、「ベルマーレの底力をピッチに立っていた自分自身も感じたし、本当に素晴らしいチームだと思う」と答える。しかし一方で、誤審については「僕たちが勝ったからOKではない。ゴールラインテクノロジーを導入してほしいと思うし、しっかりとしてほしい。僕たちも人生を賭けて試合をやっている」と厳しい口調で語った。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP