beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブンデス選手が答える「最も衰えた選手」は?最高のスタジアムも…

このエントリーをはてなブックマークに追加

イェロメ・ボアテングがトップに

 ドイツ誌『キッカー』が、プロ選手250名へのアンケートを実施し、その結果を発表した。

『キッカー』は25年間に渡って選手アンケートを実施。シーズン前半戦終了時と全日程終了時に開票し、結果を明らかにしていた。選手が選ぶ今季のMVPはレバークーゼンのMFカイ・ハベルツとなっていたが、それ以外にも興味深い質問と回答があった。

 まず、「最も素晴らしいスタジアムは?」という質問の答えは、予想通りドルトムントのシグナル・イドゥナ・パルクがトップに。全体の35.2%を占めた。続いたのはフランクフルトのコメルツバンク・アレーナで30.4%。今季は欧州の舞台でも最高の雰囲気を作り上げ、高い勝率も記録した。その後、3位にブレーメン、4位シャルケと続いている。一方で、王者バイエルンは上位には入らず。スタジアム自体が観光名所となり、観光客が多くなっているという難しさもうかがわせた。

 さらに、「最も衰えが見えた選手は?」という厳しい質問は、バイエルンのDFイェロメ・ボアテングが17.6%でトップに。今季は不振からスタメンの座も失い、今夏には退団が噂されている。その後はシャルケのMFセバスティアン・ルディ(12.4%)、GKラルフ・フェアマン(8.8%)、シュツットガルトのFWマリオ・ゴメス(8%)と、チームとともに不調に苦しんだ選手が続いた。

 また、ブンデスリーガのレベルに関する問いも。最も多かった回答が「変わらない(維持)」で42.8%。「上がった」と「下がった」はともに28%となっている。

●ブンデスリーガ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP