beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ブラサカ日本選手権決勝]埼玉T.Wingsが菊島の7ゴールで初優勝。大会29得点の菊島がMVP、最多得点の「3冠」

このエントリーをはてなブックマークに追加

喜びを爆発させる埼玉T.Wingsの選手たち(写真:松本力)

【アクサブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権 決勝】(アミノバイタルフィールド)
埼玉T.Wings 7-1(前半2-1)free bird mejirodai

 2年ぶりに決勝の舞台に乗り込んだ埼玉T.Wingsが17歳の女子日本代表戦士、菊島宙の7ゴールの活躍で初優勝を飾った。前半3分、free bird mejirodai の15歳、園部優月が巧みなフェイントを使って相手をかわし、先制ゴールをあげ、主導権を握った。しかし、その5分後の同8分、菊島が同点弾。さらに同12分にも左サイドから切り込み、トゥーキックでファーサイドに突き刺さるゴールで逆転に成功し、前半は2-1で折り返した。

 後半は一進一退の攻防が続いたが、10分に菊島が圧巻ゴールを見せる。右サイドにいた日本代表の加藤健人から受けたパスを左サイドで受けると、足裏を使ってボールを止めながら、奪いにきたディフェンダーを3人かわし、右足でシュート。GKの股を抜くゴールで3点目を奪った。その後、同点に追いつこうとfree bird mejirodaiが攻撃に人数をかけたため、守備が手薄になったところを逃さず、菊島は12分以降は分刻みでゴール量産。後半だけで5ゴールを奪い、勝利を決定づけた。

 菊島は大会を通して6試合で29ゴールと圧倒的なゴール数で最多得点王、およびMVPの「3冠」を獲得。また、6試合で2失点に抑えたGK岩崎直が最優秀GKに選ばれた。

得点者
[埼玉T.Wings]
菊島宙(前半8、12、後半10、12、13、14、15分)

[free bird mejirodai]
園部優月(前半3分)

先発メンバー
[埼玉T.Wings]
前半
GK2岩崎直
FP8辻一幸
FP9菊島宙
FP10加藤健人
FP17栗原耕一

後半
GK2岩崎直
FP8辻一幸
FP9菊島宙
FP10加藤健人
FP17栗原耕一
ガイド 髙橋優子
監督菊島充

[free bird mejirodai]
前半
GK20泉健也
FP2丹羽海斗
FP5永盛楓人
FP7園部優月
FP11鳥居健人

後半
GK20泉健也
FP2丹羽海斗
FP5永盛楓人
FP7園部優月
FP11鳥居健人
ガイド 高橋めぐみ
監督山本夏幹
【注】番号は背番号

≪個人表彰≫
MVP 菊島宙(埼玉T.Wings)
最多得点 菊島宙(埼玉T.Wings)
ベストGK 岩崎直(埼玉T.Wings)

(取材・文 林健太郎)

●ブラサカ/障がい者サッカー特集ページ
●日本障がい者サッカー連盟(JIFF)のページはこちら

TOP