beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本でのデビュー叶わずバルサ安部、神戸戦もベンチ横のパイプ椅子で試合観戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

安部の日本でのバルサデビューはならなかった

[7.27 Rakuten CUP 神戸-バルセロナ ノエスタ]

 バルセロナに加入したFW安部裕葵はベンチ入りせず、日本での新天地デビューは叶わなかった。

 しかし先日のチェルシー戦でもそうだったが、ベンチ横に設置されたパイプ椅子に座って試合を観戦。同じくベンチ外となったDFジェラール・ピケの姿もあった。

 安部は日本に入る前の練習で、臀部を負傷。別メニュー調整が続いており、前日会見でエルネスト・バルベルデ監督は「痛みを感じているようで、試合に出るのは難しい」と話していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

TOP