beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベイルの中国行きは破談か…週給1億3000万円交渉も不調

このエントリーをはてなブックマークに追加

今夏、ガレス・ベイルの移籍はあるか

 FWガレス・ベイルの中国行き話は破談になったようだ。『スカイ』が中国スーパーリーグの江蘇蘇寧との交渉が不調に終わったことを伝えている。

 週給100万ポンド(約1億3000万円)という破格の交渉が行われ、一時は決定的ともみられたベイルの中国移籍だが、一転してウインドーが締まる7月31日を前に頓挫したとみられる。

 ただし依然としてレアル・マドリー退団は決定的となっているという。ジネディーヌ・ジダン監督の構想からも外れており、先日、ジダン監督はベイルの移籍は「みんなにとってベスト」だと発言。

 これについてベイルの代理人であるジョナサン・バーネット氏が「不敬だ。レアル・マドリーのために大いに貢献してきた」と噛みつくなど、関係性は冷え切っている。

 しかしバーネット氏は今夏の移籍について、レンタル移籍というその場しのぎにはならないだろうとの見解も示している。いずれにせよ、破格なお金が必要となる移籍になりそうだが、あと1か月で成立することはあるのだろうか。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集

TOP