beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]優秀選手: 水戸商MF高村凌介「どんどんアシストを量産してチームの勝利に貢献していきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

水戸商高MF高村凌介

関東・静岡の強豪校の1年生たちが90分間ゲームのリーグ戦で力を磨く「2019 Rookie League」は8日の閉会式で個人賞を発表した。B League8位の水戸商高(茨城)からはサイドの突破口、チャンスメーカー役になっていたMF高村凌介が優秀選手を受賞。その高村が「2019 Rookie League」の感想や今後の意気込みを語った。

―「2019 Rookie League」を振り返って。
「自分たちのチームは守備には結構自信があって、守り切れているような試合もあるんですけれども、攻撃面では全然点を取ることができていなくて、そこが課題かなと思います」

―最終節も勝ち切ることができなかった。
「前半の最初の方の失点。自分たちの気持ちが入っていない間に失点してしまったのも大きな原因だと思うんですけれども、あと(決勝点のシーンも)FKから切り替えも全然足りていなかった」

―リーグ戦での自分のパフォーマンスについては?
「個人的には自分の武器である走力とか、抜け出しとかで結構チャンスを作れたかなという印象があるんですけれども、チームを勝たせるという仕事は全然できていなかったので悔しいです」

―今後はどのような選手になりたい?
「自分としてはマンチェスター・シティにいるリロイ・サネ選手のように、基本的にクロッサーになってどんどんアシストを量産してチームの勝利に貢献していきたいです」

―水商に進学した理由について教えて下さい。
「自分が水商に進学した理由は、高校サッカーをやりたいというのがあって、強い高校を探した時に私立か県立かに迷って、県立の先輩に誘われて行こうと決めました」

―3年間の目標について。
「選手権に出たいというのが一番の目標で、あとこういう試合でも負けたくないんですけれどもこれからどんどんやっていきたい」

―この秋の目標は?
「トップチームにまず入って、選手権のメンバーに入れるようにやっていきたいです」


(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
2019 Rookie League特集ページ

TOP