beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

負傷者続出のマンUに英紙が本田圭佑らを推薦「厳密にはストライカーではないが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW本田圭佑

 スタートでつまづいたマンチェスター・ユナイテッドの前線の選手に離脱者が続出している。英紙『サン』は現在でも登録可能な無所属の5選手を補強案として、マンチェスター・Uに薦めており、その中の一人に元日本代表のFW本田圭佑(33歳)の名前が挙げられている。

 現在、マンチェスター・UはFWアントニー・マルシャル、MFポール・ポグバ、DFルーク・ショーらが負傷離脱しており、FWメイソン・グリーンウッドは扁桃炎で22日のウエスト・ハム戦を欠場。さらに同試合で負傷交代したFWマーカス・ラッシュフォードは、オーレ・グンナー・スールシャール監督が「しばらく出られない」と説明したように離脱することになった。

 特に前線の選手に負傷者が続出しており、『サン』はマンチェスター・Uに新たな刺激を与える存在として、経験豊富で現在フリーな5選手を推薦している。

 FWジュゼッペ・ロッシ(32歳)、MFハテム・ベン・アルファ(32歳)、FWウィルフリード・ボニー(30歳)、MFジェレミー・メネス(32歳)とともに本田の名前が挙げられており、「厳密にはストライカーではないが、クリエイティブな攻撃的サイドプレーヤーのホンダの獲得は、現在アンドレアス・ペレイラが補填しているポジションの穴を埋める可能性がある」と紹介している。

●プレミアリーグ2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP