beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUが好調チェルシーを撃破!10番ラッシュフォード2発で準々決勝進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・ユナイテッドが8強入り

[10.30 カラバオ杯4回戦 チェルシー1-2マンチェスター・U]

 カラバオカップ(リーグ杯)4回戦が30日に行われ、スタンフォードブリッジではチェルシーマンチェスター・ユナイテッドが激突。FWマーカス・ラッシュフォードの2ゴールの活躍によりユナイテッドが2-1で勝利をおさめ、準々決勝進出を決めた。

 公式戦7連勝中のチェルシーは26日のバーンリー戦(4-2)から6人を変更。GKウィリー・カバジェロとFWミヒー・バチュアイ、FWカラム・ハドソン・オドイ(18)のほか、DFリース・ジェームズ(19)やDFマーク・グエヒ(19)、MFビリー・ギルモア(18)といった若手を起用した。

 10戦を終えたプレミアリーグでわずか3勝にとどまっているユナイテッドは、27日のノリッジ戦(3-1)から4人の変更にとどめ、DFハリー・マグワイアら主力を引き続き起用。GKセルヒオ・ロメロとDFマルコス・ロホ、MFジェシー・リンガード、DFブランドン・ウィリアムズ(19)が先発に名を連ねた。

 両チームは今季プレミアリーグ開幕戦で戦っており、ユナイテッドが4-0で最高のスタートを切った。この試合は一進一退の攻防が続く中、前半24分にPA右へドリブルで仕掛けたMFダニエル・ジェームズがDFマルコス・アロンソに倒されてユナイテッドがPKを獲得。ノリッジ戦でPKを止められたラッシュフォードがキッカーを務め、ゴール左に決めて先制に成功した。

 1点ビハインドのチェルシーは後半16分、GKカバジェロが大きく前線に蹴り出したボールをハーフェーライン付近でバチュアイが頭で後方へ送り、これを自ら回収してドリブル突破。ユナイテッド守備陣を引き連れながらペナルティーアーク手前から右足を振り抜き、ゴール右隅に決めて同点に追いついた。

 ポゼッション率で下回るユナイテッドは苦しい展開。後半21分にFWアントニー・マルシャル、22分にMFアンドレアス・ペレイラを送り込み、攻勢を強めると、28分にゴールほぼ正面でFKを獲得。これをラッシュフォードが右足でゴール左上に突き刺し、2-1と勝ち越しに成功した。

 試合はそのままユナイテッドがリードを守り抜いて2-1で勝利。好調チェルシーを下してベスト8入りを果たした。

●プレミアリーグ2019-20特集
●カラバオ杯2019-20特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP