beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

韓国が延長戦の末にサウジ下して初優勝!“アジア王者”として東京五輪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国が初優勝

 26日、AFC U-23選手権決勝が行われ、U-23韓国代表がU-23サウジアラビア代表を延長戦の末に1-0で下し、同大会初優勝を果たした。

 東京五輪への切符を掴み取り、アジア王者をかけた一戦は、スコアレスの延長後半8分に動いた。PA左脇の深い位置でFKを獲得した韓国はキッカーのMFイ・ドンギョンが左足で柔らかいクロスを送ると、195cmの長身DFチョン・テウクが頭で合わせ、均衡を破った。

 試合はこのまま1-0でタイムアップ。9大会連続で五輪出場となる韓国が“アジア王者”として東京五輪を戦う。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ

TOP