beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

フランクフルト、EL6ゴールの鎌田大地と2023年まで契約延長へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルトFW鎌田大地

 フランクフルトはFW鎌田大地との契約を2023年6月まで延長する計画があるようだ。独『シュポルト・ビルト』が伝えている。

 17年にフランクフルトに加入した鎌田はシントトロイデンへの期限付き移籍を経て今シーズン復帰し、定位置をつかんだ。ブンデスリーガ初ゴールはまだ生まれておらず、後半戦は出場機会が減っていたため、契約延長交渉には至っていなかったが、ヨーロッパリーグ(EL)での活躍が評価されたようだ。

 20日にEL決勝トーナメント1回戦でザルツブルクと第1戦を行い、鎌田はハットトリックを達成した。ELの舞台にはめっぽう強く、今季は通算6ゴールを記録している。2021年6月までだったフランクフルトとの契約が23年まで延長される可能性が伝えられている。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP