beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

食野所属のハーツが経営危機…選手らクラブ関係者に給与50%カットを要請

このエントリーをはてなブックマークに追加

食野亮太郎の所属するハーツが経営難

 FW食野亮太郎の所属するハーツが、新型コロナウイルスの影響で経営難に陥っている。18日、クラブが声明を発表した。

 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。ヨーロッパでも感染者が急増しており、スコティッシュ・プレミアシップも中断を余儀なくされ、7月~8月上旬まで再開されない可能性もあるという。

 そんな中、ハーツはクラブ公式サイトで声明を発表。オーナーであるアン・バッジ氏は「我々は今、前例のない困難な時代を生きている。私の優先事項は、人々の健康と幸福であり、それに加えて、最高経営責任者として、クラブの安全と経済的健全性を確保するために全力を尽くさなければならない」と危機感を露わにした。

 さらに「この収入の減少に対して、人件費と諸経費を削減するなど、すぐに措置を講じなければ持続可能ではない」として、下限を設定した上で選手及びクラブ関係者全員に対して給与の50%カットを依頼。受け入れられない者には、契約終了を許可するという。

 英『BBC』によれば、一部の選手やスタッフが給与の返還を申し出ているとのこと。オーナーは「スタッフ、コーチ、選手、サポーターらの全面的な協力とサポートなしでは、これを達成することができない」と力をこめ、クラブ全体でこの危機を乗り越えようと呼びかけている。

●プレミアリーグ2019-20特集
●海外組ガイド
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

TOP