beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

吉田麻也所属のサンプドリア、新型コロナ感染の全7選手が陰性に

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に感染が伝えられていたFWマノロ・ガッビアディーニ

 DF吉田麻也が所属するサンプドリアは23日、新型コロナウイルス検査で陽性反応を見せた全選手が陰性となったことを発表した。

 新型コロナウイルスのパンデミックが起きたイタリアではセリエA所属クラブの選手たちも被害に。3月12日にサンプドリアのFWマノロ・ガッビアディーニの感染が発表されると、合計7選手が感染検査で陽性反応を示していた。

 7選手はガッビアディーニ、MFアルビン・エクダル、FWアントニーノ・ラ・グミーナ、MFモアテン・トルスビー、MFヤクブ・ヤンクト、DFファビオ・デパオリ、DFバルトシュ・ベレシンスキ。クラブ公式サイトでは「定められた検査を行った結果、陽性だったすべての選手が陰性となった」と伝えている。

●セリエA2019-20特集
●冨安健洋の試合はDAZNで!!“初月無料”ライブ配信中

TOP